断熱から遮熱の家へ-富田工務店-
断熱の家から遮熱の家へ
遮熱の家

これまで良いとされていた考え方に『断熱工法』が御座いますが、実は熱を断つ工法ではなく、熱を蓄える役割を持った工法だったのです。要は断熱材自信が熱を蓄えることによって、熱の伝達を抑えていただけだったのです。
断熱材自信が熱を蓄えると言うことは、『夜になっても家の中だけが暑い』と言うことが起きます。冬場であれば問題はありませんが、夏場ではいくらエアコンを掛けても部屋が涼しくなりません。
実験では、断熱材工法は、熱伝導防止という原理で、放射熱線の5%のみ防いでいるだけでした。

『断熱の家』とは全く違う方法で熱を断つ技術がアメリカでは開発されていました。それが、遮熱材と呼ばれる物を使った『遮熱の家』なのです。この遮熱材を使った建物は、これまでの断熱とは違っい、熱を反射させてしまう物なのです。熱を蓄えないので、外からの熱は跳ね返し、内部の熱は外に逃がさないのです。これにより、夏は少しのエアコンで涼しく、冬は少しの暖房で暖かくなります。
遮熱の家は、熱輻射をカットする原理で、放射熱線の75%を反射カットします。

夏場の建物の得る熱量の80%は屋根からの太陽熱と言われています。実際に夏場の屋根は太陽の電磁波で振動・発熱し50〜70℃位に上昇します。この高温の屋根が、さらに家の壁、天井などに輻射熱を放出して、表面温度を上げていきます。夏の夜の気温が35℃から25℃に下がっても、暑く感じ寝苦しいのは、この熱を持った壁や天井などから室内に向けて放射熱が反射しているからです。
そこで、宇宙産業で開発された遮熱材は、アルミ純度99.9%のシートできており、家全体をアルミシートで覆ってしまう工法。身近なところで『魔法瓶』を思い出して下さい。魔法瓶の内部は鏡面になっており熱を内部に反射させていますが、外側にはお湯の熱は伝わって来ません。『遮熱の家』も魔法瓶と同じく、部屋内部の熱を外に逃がさないのです。
この様にアルミの力を利用して、より快適な住み心地と光熱費の削減が出来る住宅が『遮熱の家』なのです。

■均一なアルミ層(アルミ膜を形成)を設けることで高い反射率を保持
■特殊透湿加工により、遮熱性と同時に高い透湿性を保持
■特殊保護層により、遮熱機能に対する高い耐久性を保持
■多層構造であるため、高い強度を保持 = タッカー止水性Up
従来品では、外壁材の放射熱を断熱材がそのまま吸収し、その吸収熱を放射。その熱が内壁を通して室内側へ進入しますが、遮熱エアテックスの場合では、外壁材の放射熱を、「遮熱エアテックス」のアルミ蒸着層が反射することで断熱材が吸収する熱が大幅に減り、内壁を通した室内側への熱の進入も相当量減少します。



01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 遮熱の家・完成
11 12 13 14 15

施工事例

ページの先頭へ